歴史散策コース

【スタート】みなと悠悠から車で約10分
1.まずは「豪商 稲葉本家」で腹ごしらえ!名物「丹後ばらずし」!
  • 江戸~明治期に建てられた豪商の邸宅です。稲葉家は織田信長家臣の稲葉一族の末裔といわれ、麹屋や廻船業で栄えました。建物は国登録有形文化財になっていて、かつての豪商の佇まいを見学することができます。陶芸やお香づくりの体験(有料、要予約)ができる工房「匠処」や特産品販売所もあります。庭が美しい吟松舎では、丹後名物の「丹後ばら寿司」が味わえます。

    【所】京都府京丹後市久美浜町3102
    【問】豪商 稲葉本家 0772-82-2356
【アクセス】徒歩で移動 約5分
2.舟小屋
  • 久美浜湾に注ぐ栃谷川の河口付近は江戸時代、廻船が行き交った場所です。今でも小型和船を収納する舟小屋が残っており、風情ある情景が旅情を誘います。また、周辺には東の稲葉家があり、重厚な佇まいを見せる商家があります。
【アクセス】徒歩で移動 約3分
3.浜公園
  • 小高い芝生広場もある浜公園は久美浜湾やかぶと山が一望できる絶景スポットです。海風が気持ちよく、爽快な気分が味わえます。突端には釣り桟橋があり、手すりもあって安全なのでファミリーフィッシングが楽しめます。
【アクセス】徒歩で移動 約20分
4.如意寺
  • 「関西花の寺25カ所霊場会」第七番札所である如意寺は、門前に穏やかな久美浜湾が広がり、地元の人にとって信仰の場所です。よく整備された広い境内には、たくさんの種類の花木や山野草が次々と花が開き、四季折々に楽しむことができます。5人以上で予約すれば、住職の花説法を聴くこともできます。

    【所】京都府京丹後市久美浜町1845
    【問】如意寺 0772-82-0163
【アクセス】徒歩で移動 約8分
5.古い町並み
  • 久美浜湾沿岸の商家建築群と街なみは京都府の文化的景観に選定されています。但馬へ向かう豊岡街道、峰山・宮津に向かう久美浜街道などが結節する交通の要衝地であり、趣のある古い民家が佇んでいます。戦国時代は城下町として整備され、江戸時代は代官所が置かれて町が栄えました。東西の通りに沿った短冊形の区画が特徴です。
【アクセス】徒歩で移動 約2分
6.お土産にぜひ!「鯛せんべい」
  • 昔ながらの素朴な味が人気の鯛せんべいは、久美浜のソウルフードです。地元で獲れた鯛などの魚をすり身にするところから仕込みが始まり、専用の機械で1枚1枚丁寧に焼き上げます。安心安全の手作りの味で、酒のつまみやおやつとして絶品です。

    【所】京都府京丹後市久美浜町3162
    【問】綿徳商店 0772-82-0216
【アクセス】徒歩で移動 約8分
7.パワースポット!「神谷神社」
  • 丹波道主命などを祀る神谷神社は、通称「太刀宮さん」として親しまれています。丹波道主命が常に帯刀していた「国見剣」は「国見」から「久美」となり、久美浜の地名の由来となったとも言われています。境内の一角には巨岩からなる「磐座」があり、知る人ぞ知るパワースポットです。
【アクセス】徒歩で移動 約13分
8.豪商稲葉本家でぼたもちを食べてひと休み
  • 散策で疲れた後は豪商稲葉本家で、ぼたもちと玉露でまったりとひと休みしませんか!稲葉家とぼたもちの歴史は古く、久美浜縣誕生を記念して地域の人々にぼたもちを配ったことが始まりです。行列のできるぼた餅職人の手作りの味をぜひ味わってみてください。その他にも夏季限定のかき氷も人気があります。

閉じる